大型犬に長生きしてもらうために

大型犬に長生きしてもらうために

胃捻転ってなんだろう…? 胃捻転を予防しよう!

胃捻転ってどんな病気?
その名前の通り、胃が“捻じれて”しまう病気で、とくに大型犬によく発症します。胃の捻じれが起こると胃の中で産生されたガスが胃から出ていかず、そのため胃がパンパンに膨らんでしまいます。胃がパンパンに膨らむことで、周りにある血管や臓器を圧迫し、血液がうまく循環しなくなり、最悪の場合は死に至ることのあるとても怖い病気です。
胃捻転は時間の経過とともに死亡率が高くなるため、緊急性の高い病気です。また、適切な治療を行っても死亡率が20~45%、もしくはそれ以上といわれる、非常に危険な病気です。

 

胃捻転の主な症状
・嘔吐しようとするが嘔吐できない
・お腹が膨れている
・元気がない
・大量によだれが出る

胃捻転の原因
・食後すぐの運動
・一度に大量の食事を与える
・ストレス
・加齢
・胸の深い犬、大型犬
などが胃捻転の原因として指摘されていますが、明らかな原因は解明されていません。

胃捻転になりやすい犬種
・ゴールデンレトリーバー
・シェパード
・スタンダードプードル
・バーニーズマウンテンドッグ
・大型雑種犬
・グレートデーン
・アイリッシュセッター
・ワイマラナー
・バセットハウンド
・ダックスなど
大型で胸が深い犬に多く発生します。また小型犬でもダックスフンドなどに発症することもあります。

普段から気を付けてほしいこと
・食事は小分けにして、一度に大量の食事を与えないようにしましょう
・食事中は動物を興奮させないようにしましょう
・食後の運動は控えましょう
・お腹が急に膨らんでくるなどの異常が見られる場合は、できるだけ早く来院してください

胃捻転の治療方法
胃捻転が疑われる症状が見られたら、できるだけ早く来院してください。
来院時に行う治療は主に下記の通りです。

①体表から胃に直接針などを刺してガスを抜きます
②血液の流れを改善させるために点滴治療を行います
③動物の状態を安定させた後に全身麻酔をかけ、捻じれた胃を元の位置に戻す手術を行います
④再度捻転が起きないように胃を腹壁に固定する手術も行います
⑤胃に壊死した部分があれば切除します
⑥その後入院して術後の管理と合併症などに対する治療を行います

胃捻転の予防:腹腔鏡下予防的胃固定術
胃捻転を予防するために、胃を腹壁(お腹の内側の壁)に縫い付けて固定する手術を予防的胃固定術と呼びます。
これまで予防的な胃固定術はお腹を大きく開ける開腹手術で行われていましたが、腹腔鏡を用いることで、小さな傷口で予防的胃固定術を行うことができます。
動物たちへの負担も少なく、また胃固定術を行うことで胃拡張胃捻転症候群を95%予防することができます。
当院では、大型犬の胃捻転を予防するために、避妊手術や去勢手術のときに、一緒に予防的な胃固定手術を受けられることをお勧めしています。

実際に手術をしたワンちゃんの傷口の写真

*ご注意
以下には実際の手術の写真が掲載されています。
こうした写真でご気分が悪くなる方は、以下には進まないでください。


担当獣医師
中川優子
担当獣医の一言: 動物たちの身体に負担の少ない腹腔鏡手術に積極的に取り組んでいます。腹腔鏡手術の練習のために腹腔鏡の器具を使って折り鶴を折っています☆

〒631-0021
奈良県奈良市鶴舞東町2-6

診療時間


朝緊急診察 7:30-9:00 電話電話電話電話電話電話電話
通常診察 9:00-12:00
予防外来 9:15-11:45 ※完全予約制 予約予約予約××予約予約
昼緊急診療 12:00-17:00 電話電話電話電話電話電話電話
通常診察 17:00-20:00
夜緊急診察 21:00-22:45 電話電話電話電話電話電話電話

休診日

年中無休

共に繋がり、支え合う。

PAGE TOP