整形外科

骨折 骨折で最も多いのがトイプードルやポメラニアンなどの小型犬でみられる橈尺骨骨折です。当院ではロッキングプレートシステムを主に使用しており、適切な骨癒合と合併症を減らすことを考えて治療を行っております。動物種、骨折部位などによって、適切な手術方法を選択できるようにさまざまな器具をそろえています。
脱臼 膝蓋骨脱臼も小型犬でよく認められ、膝のお皿(膝蓋骨)が外れてしまうことで突然ケンケンをするなどの症状が見られます。重症例では骨格の変形や運動機能障害を生じます。膝蓋骨脱臼を治療は太ももの筋肉から膝蓋骨、靭帯、脛骨の軸を矯正します。膝の軟骨の損傷が著しい場合は人工滑車溝を使用することもあります。
股関節形成不全は大型犬でよく認められる遺伝性の疾患です。股関節のゆるみが原因で、進行性に関節炎が悪化し、慢性的な痛みに苦しむことになります。高齢になるにつれて動くのがつらく最終的に寝たきりになってしまうこともあります。早期に診断し、治療や予防をすることが重要です。早期に診断にはPennHIPと呼ばれるレントゲンの撮影方法を行うことが可能です。
また治療方法として人工股関節も選択することができます。
靭帯損傷 膝の前十字靭帯の断裂は中年齢以降でよく認められる疾患です。ただ断裂の程度によって症状もさまざまで、的確な診断によって治療を選択する必要があります。当院では治療方法を犬種や断裂の程度に応じてTTA、TPLO、関節外法などの手術方法を実施します。
関節鏡 関節鏡とは人の医療ではすでに一般的なものであり、関節内に数mmという小さな穴から内視鏡を入れて検査や治療を行います。関節鏡は小さな切開で行うことができるため、周りの組織をほとんど傷めずに、術後早期の機能回復が可能になります。また非常に小さな靭帯や軟骨などの状態を、カメラで拡大して観察することができるため、より正確な診断が可能となります。
担当医
高村淳也

当センターにて外科全般を担当しており、その中でも整形外科を中心に取り組んでおります。
整形外科分野は、部位や疾患によってさまざまな治療方法があります。正確な診断を行い、動物にとって最も適切な治療をご提案していきたいと思います。

〒631-0021
奈良県奈良市鶴舞東町2-6

診療時間


通常診察 9:00-12:00
予防外来 9:15-11:45 ※完全予約制 予約予約予約予約予約予約予約
昼診察 14:00-16:00 ※完全予約制 予約予約予約予約予約予約予約
通常診察 17:00-20:00
夜間緊急診察 21:00-22:45 ※完全予約制 電話電話電話電話電話電話電話

休診日

年中無休

共に繋がり、支え合う。

PAGE TOP