内視鏡外科

腹腔鏡による避妊手術
当院では犬の避妊手術は腹腔鏡を用いて行っております。年間約150症例ほど実施しており、熟練した獣医師及び看護師が手術にあたります。
合併症や術後の問題は非常に少ない手術です。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

-内視鏡(腹腔鏡・胸腔鏡)外科手術とは-

傷口が小さく、痛みの少ない、動物たちの身体に優しい手術です。

従来であれば、胸やお腹を大きく切らなければならなかった手術を、5mm~1cmほどの数カ所の小さな傷で行う手術のことです。
5mm~10mmのトロッカーといわれる手術器具を通して体の中にカメラを挿入し、テレビモニターに映し出された画像を見ながら胸やお腹の中で手術を行います。
高度な技術が必要となり、内視鏡外科手術についての基本的な知識やルール、正しい適応を行うことで初めて安全な手術を行うことができます。

内視鏡外科手術のメリット
小さな傷で手術を行うことができる
– 術後の痛みが少なく、動物の回復が早い
– 特にハイリスクな動物への負担が少ない
– 入院期間を短くすることができる
– 術後の呼吸器合併症が少ない
お腹の中の湿潤環境を保つことができる
– 胃腸の回復が早い
– 手術後の癒着が少ない
拡大された鮮明な視野を得ることができる
– 繊細な手術を行うことができる
– 手術中の情報を共有することができる

内視鏡外科手術のデメリット
熟練した技術が必要である
– 鉗子操作が難しい
– 2次元の画像での手術のため遠近感が得にくい
– 止血への対処が難しい
手術時間が長くなる傾向にある

担当医
中川 優子

動物たちの身体に負担の少ない内視鏡外科手術に感銘を受け、幅広い手術で適応できるよう積極的に取り組んでいます。
2016年にはラスベガスにて内視鏡外科手術を研修し、奈良動物医療センターにおいて内視鏡外科手術の中心となって実績を積んでいます。

〒631-0021
奈良県奈良市鶴舞東町2-6

診療時間


通常診察 9:00-12:00
予防外来 9:15-11:45 ※完全予約制 予約予約予約予約予約予約予約
昼診察 14:00-16:00 ※完全予約制 予約予約予約予約予約予約予約
通常診察 17:00-20:00
夜間緊急診察 21:00-22:45 ※完全予約制 電話電話電話電話電話電話電話

休診日

年中無休

共に繋がり、支え合う。

PAGE TOP